稲村理紗のお仕事とその周辺ブログ。
2017年03月23日 (木) | Edit |
山形県長井市中央地区の、

住民主体の地域づくり計画策定ワークショップのファシリテーターをつとめました。

2回とタイトなスケジュールではありましたが、

ファシリテーションにあかるい社教職員のかたと、

綿密に打ち合わせをしてのプログラムづくり

私自身もたくさん学びがありました!

IMG_1794.jpg

今年度は主に、「健康福祉」と「地域の安心安全」の2分野について意見交換。

ワークショップの1回目は、

「地域の良いところ」「地域の思い出」などを語ったあと、

「地域のことで気がかりに思っていること」を、

ひとり2テーマずつ出して、グループ内でじっくりお話しいただきました。

IMG_1795.jpg

約60名の参加者なので、

出された地域課題は120個!

2回目には、それらを整理し、各分野5つにしぼって課題を提示。

自分が話してみたいテーマに分かれ、

「目指したい未来の地域像」と、

「それに向けた具体的なアイディア」

「個人、地域、行政や企業との協働」などの役割分担について、

じっくり話し合いを行いました。

IMG_1798.jpg

IMG_1797.jpg


最後に、各自3票ずつ投票を行い、

グループの「ナイスアイディア」を選出。

アイディアの考案者にはナイスアイディア賞として、

会場になっている中央公民館の職員さんがデザインしたてぬぐいが贈呈されました。

IMG_1801.jpg


皆さん思った以上に和気あいあいと活発にワークに参加くださり、

帰り際に、

「楽しかった~!」と声をかけてくださるかたもいらっしゃって、

ファシリテーター冥利に尽きる会になりました

今回は、現場のプロの社教職員のかたと、

タッグを組んでプログラムデザインできたことが大きかった~

またこんな風なお仕事ができたら嬉しいな







スポンサーサイト

2017年03月06日 (月) | Edit |
秋田時代からのご縁がつながりつながって、

山形県小国町のまちづくりワークショップに、

ファシリテーターにとお声がけをいただきました

「おぐにの未来を考える会議」

テーマは、老朽化した公共施設の建て替えに関するもの。

DSCN7276.jpg

単に、センターにこういう施設がほしいなーというハードの議論でなく、

「まちづくりの中核施設」を担うセンターとして、

どのようなまちづくりをしていきたいのか?

そのためにはどのような施設・機能があって、

市民がどのように利活用していくべきか、

そんな視点でのワークを3回にわたって行いました。

DSCN7293.jpg

DSCN7281.jpg

DSCN7287.jpg

DSCN7286.jpg

参加者は、推薦&公募で募った、高校生からシニアまでの30名。

初回は緊張気味だった高校生も、

3回目までにはすっかり慣れ、

グループワークをリードするまでに。頼もしい~!

DSCN7355.jpg

DSCN7356.jpg

DSCN7357.jpg

DSCN7358.jpg

DSCN7374.jpg

3回目には、

センターが建てられ、活発に利用されている〇年後の

とある一日をイメージし、

どのような人が、センターのどんな施設で、

どのような利用をしているかのストーリーを意見出し。

最後には、市民参加で企画したい、

オープニングイベントのアイディアを出して終了。




センター完成の頃は、

参加した高校生も大学生や新社会人の頃。

地域の未来に楽しみがあるって、いいですね






2017年02月15日 (水) | Edit |
結婚で山形市に嫁ぐため、

2年以上前に退職した、秋田市にある元職場。

ずーっとご縁をいただいておりまして、

今年も講座の講師としてお招きいただきました。

DSCN7299.jpg

講座のタイトルは、

楽しい!地域づくりワークショップの進め方。

想いを引き出すファシリテーションのポイント
」です



講座冒頭のアイスブレイクは、

動物の名前を当てる「私は誰でしょう?」ゲームから。

大人同士でもけっこう盛り上がるんです

DSCN7300.jpg


「ファシリテーション」って、

いきなり講義から入っても、???になる場合が多いもの

(私がそうだった・・・)

なので、皆さんの「残念だった会議の体験」を出しあい、

「その会議を良いものにしていく工夫」について意見交換。

ファシリテーションってこういうことか~!を、

全員の体験から学んでいきました。





DSCN7304.jpg
DSCN7302.jpg
DSCN7308.jpg

グループワークの後に、

ファシリテーションの基礎レクチャーと、

東北で私が実際に行った地域づくりワークショップの事例紹介、

特に、失敗から学んだポイントをぎゅっとお伝え。

参加者に、おじいちゃん・おばあちゃんと高齢者の多い

東北でのワークショップには、

本には書かれていない、色んなコツがあるのです



さいごに、グループワークで、

ファシリテーター○箇条」を考えて発表。

ファシリテーションに正解はなく、

だからこそ現場に関わり続けて、自分を更新していくことが重要です



それにしても、

元職場での講座は、とってもホームな感じがして、

すっかりリラックスして進めることができました。

10年務めた場ってのは、

自分にパワーをくれますね




2017年01月18日 (水) | Edit |
秋から冬にかけて数回、

湯沢市主催のまちづくり人材育成セミナー

スタッフとして参加いたしました

DSCN7127.jpg

これはNPO法人まちづくり学校(新潟)のスタッフとして関わったもので、

学長(理事長)の大滝さんとは、

なんと私が大学生の頃からのお付き合いなのです

DSCN7247.jpg
(デザイナーでファシリテーターの大滝さん)

当時、まちづくりとか、ワークショップとか、ファシリテーションとか、

かな~り、そうとうマニアック?少数派だった頃、

大滝さんはじめNPOの諸先輩がたの後ろにくっつき、

現場体験をさせていただきました。

ほんとの学校にはまじめに行かず、

こちらの学校ばかり行ってたあの頃・・・

DSCN7124.jpg
DSCN7139.jpg
DSCN7167.jpg
DSCN7334.jpg
DSCN7332.jpg

この度の研修も、

トータルプロセスデザインや、

情報統合技術、未来デザインを学んだりと、

源流は大学の時に体験したもの。

若い時に、良い学びをできた幸運を

あらためて実感したのでした。



共に学んだ友人や後輩たちの中には、

NPOやまちづくり系に進んだ人がそこそこいて、

なんとなくその分野が今、若い人にブーム的になっていて、

「おしゃれ」「かっこいい」的なムードすらありますが、

たぶん、そういうムードやブームが去っても、

あの頃の仲間たちは、

この分野に関わり続けるのだろうなあと思います。



椎名林檎
丸の内サディスティック
大学の時、みんなこぞって林檎を聴いたよね






2017年01月13日 (金) | Edit |
秋田公立美術大学で、

グラフィック・レコーディングの連続講座を担当しております

グラフィック・レコーディングとファシリテーション・グラフィックに

明確な線引きはないのですが、

グラレコのほうがやや絵やアーカイブ重視型と言えます。

10回ほどの講座を、相棒の330ちゃんと半分ずつ担当してますが、

同じ講座をしながら常にすれ違いの不思議な感じよ・・・


DSCN7203.jpg

授業風景は書道教室みたいなおごそかな雰囲気。

DSCN7170.jpg
DSCN7169.jpg

アイスブレイク的にペアワークをしたり、

みんなが知っている物語を、

絵多めで要約記録してみたり・・・。

講座のプログラムも、330ちゃんと事務局の皆さんで、

イチから考えています!

テキストにまとめる予定~

DSCN7179.jpg
DSCN7175.jpg

美大の学生さんだけあって、

絵や色彩感覚が素晴らしい

レクチャーのスライドも、

グラレコを意識してほぼ手書きにチャレンジ

ちょっと新鮮・・・?!

A4用紙に書いてスキャンしただけです。

グラフィックレコーディング講座3


グラフィックレコーディング講座1


グラフィックレコーディング講座2

このご時世だからこそ? 手書きスライド流行らせたいなあ~



授業も後半になると、

リアルタイムの対話を聞いてのグラレコに!

DSCN7207.jpg
DSCN7212.jpg
DSCN7224.jpg
DSCN7222.jpg
(リアルタイムだとやっぱり文字多くなっちゃうね・・・!)


3月には、皆の特訓の成果を披露する

実践の場にチャレンジ予定です

広がれグラレコの輪