稲村理紗のお仕事とその周辺ブログ。
2017年04月26日 (水) | Edit |
酒田市で、ワークショップ事例報告会が開催されました。

昨年度から酒田市では、

住民主体の様々なまちづくりワークショップが開催されており、

各ワークショップのコーディネーターが、

それぞれの取り組み事例を報告・共有するもので、

酒田市職員や社協職員、NPO関係者など約50名が参加しました。

17426156_988533841246942_6137125573803696252_n.jpg


ワークの報告は、

総合計画づくりのワークを担当された、

加留部貴行さん(NPO法人日本ファシリテーション協会フェロー)、

若者の政策提言のワークを担当された、

遠藤智栄さん(地域創造ラボ代表)、

そして、酒田市日和山地区の景観ルールづくりワークを担当した

私、の3名。

17458344_988533801246946_5350650677285106208_n.jpg


加留部さんも遠藤さんも、

全国各地をまたにかけてご活躍の、

超有名ファシリテーター!

その中に私がちょろっとまじらせていただくなんて、

場違いも甚だしい、おそれ多い機会でした・・・汗


17457364_988533721246954_4737330064663277043_n.jpg

アドリブや、職員との掛け合いを入れながら、

臨機応変に事例紹介をされるお二人でしたが、

私は緊張と心配性のあまり、びっちりスライドと原稿を用意して行き、

内容を詰め込みすぎて、

後半、発表の声もカラッカラになるお見苦しい結果に・・・


17458201_988533751246951_1524380197560118848_n.jpg

17498412_988533771246949_6948942691278442581_n.jpg

事例紹介の後は、

「あなたがこれから業務に活かしてみたいことは?」をテーマに

ワールドカフェ形式で意見交換。

私もまぜていただき、有意義な時間になりました。




加留部さん、遠藤さんの事例を伺って、

私自身、学ぶことがてんこ盛りありました

自分の発表はいまいちだったけど、

学びとしてはとても貴重な機会に

企画くださった酒田市役所の皆さまに感謝です




スポンサーサイト

2017年04月14日 (金) | Edit |
秋田県長寿社会振興財団 (LL財団) さんからのご依頼で、

県北・県南・中央の3地区で、

「地域ケア会議機能強化支援研修」

講師をつとめました


DSCN7409.jpg


地域住民の方が、参加しやすく、

発言しやすい会議になるような場づくりについて、

レクチャーとワークを交えた3時間コース

DSCN7413.jpg

DSCN7421.jpg

ワークショップを入れると、

3時間ってアッという間

DSCN7424.jpg

DSCN7417.jpg

4日間で、鷹巣~大曲~秋田市を研修行脚

同じ研修でも、

自分の中での反省点や活かせる点を次につなげたりなど、

短期間集中ならではの学びがありました





ここ数年で、

福祉関係からのご依頼がぐっと増えたのも時代ですね。

お仕事をお受けすることで、私自身新たに知ることも多く、

難しいテーマながらも、「面白い!」と感じてます。




居住している山形市でも、

医療・福祉関係の多様な職種のメンバー

(教授・看護師・理学療法士・フットケア専門家・薬剤師・ソーシャルワーカー・行政マン)が集まり、

若い世代に向けた福祉の取り組みについて、

プロジェクトを練っております。

私はただのイチ住民ですが、

プロジェクトにまぜてもらっており、

これからの展開がとても楽しみです













2017年04月05日 (水) | Edit |
関東でのお仕事があり、

新幹線でぴゅーっと出かけてまいりました。

秋田市に住んでいたころは、東京まで4時間以上かかったけど、

山形市からは3時間を切るので、

都心がぐっと近く感じますね~


IMG_1808.jpg


秋田時代からお世話になっている先生にお声がけをいただきまして、

鶴見大学の英文科教員の皆さまに、

能動的学修(アクティブラーニング)に関するワークショップを行いました。

IMG_1806.jpg


ファシリテーションの基礎について少しレクチャーした後、

目指したい学びの環境」について、

未来像や現状分析、長期・中期・短期の目標などについて、

3時半みっちりの研修。


IMG_1805.jpg


それでも時間が足りなくて、

目標設定に十分時間をとれませんでしたが、

アクティブラーニングに対するファシリテーションの可能性を

感じていただけたような手ごたえが・・・!


IMG_1809.jpg


研修後は、

鶴見駅付近の美味しいタイ料理屋さんで舌鼓。


IMG_1810.jpg


お料理全体の辛さを「マイルド」にしてもらってもなお、

舌を攻撃する香辛料たち!

みんなでひーひー言いながら、なんだかクセになる味でした




お声がけいただいた先生とは実に5年ぶりの再会。

離れても、またこうしてご縁をいただいてお会いできること、

何より嬉しく有り難いことです




空気公団
旅をしませんか


春、東京に向かうときって、
空気公団が聴きたくなります





2017年03月23日 (木) | Edit |
山形県長井市中央地区の、

住民主体の地域づくり計画策定ワークショップのファシリテーターをつとめました。

2回とタイトなスケジュールではありましたが、

ファシリテーションにあかるい社教職員のかたと、

綿密に打ち合わせをしてのプログラムづくり

私自身もたくさん学びがありました!

IMG_1794.jpg

今年度は主に、「健康福祉」と「地域の安心安全」の2分野について意見交換。

ワークショップの1回目は、

「地域の良いところ」「地域の思い出」などを語ったあと、

「地域のことで気がかりに思っていること」を、

ひとり2テーマずつ出して、グループ内でじっくりお話しいただきました。

IMG_1795.jpg

約60名の参加者なので、

出された地域課題は120個!

2回目には、それらを整理し、各分野5つにしぼって課題を提示。

自分が話してみたいテーマに分かれ、

「目指したい未来の地域像」と、

「それに向けた具体的なアイディア」

「個人、地域、行政や企業との協働」などの役割分担について、

じっくり話し合いを行いました。

IMG_1798.jpg

IMG_1797.jpg


最後に、各自3票ずつ投票を行い、

グループの「ナイスアイディア」を選出。

アイディアの考案者にはナイスアイディア賞として、

会場になっている中央公民館の職員さんがデザインしたてぬぐいが贈呈されました。

IMG_1801.jpg


皆さん思った以上に和気あいあいと活発にワークに参加くださり、

帰り際に、

「楽しかった~!」と声をかけてくださるかたもいらっしゃって、

ファシリテーター冥利に尽きる会になりました

今回は、現場のプロの社教職員のかたと、

タッグを組んでプログラムデザインできたことが大きかった~

またこんな風なお仕事ができたら嬉しいな








2017年03月06日 (月) | Edit |
秋田時代からのご縁がつながりつながって、

山形県小国町のまちづくりワークショップに、

ファシリテーターにとお声がけをいただきました

「おぐにの未来を考える会議」

テーマは、老朽化した公共施設の建て替えに関するもの。

DSCN7276.jpg

単に、センターにこういう施設がほしいなーというハードの議論でなく、

「まちづくりの中核施設」を担うセンターとして、

どのようなまちづくりをしていきたいのか?

そのためにはどのような施設・機能があって、

市民がどのように利活用していくべきか、

そんな視点でのワークを3回にわたって行いました。

DSCN7293.jpg

DSCN7281.jpg

DSCN7287.jpg

DSCN7286.jpg

参加者は、推薦&公募で募った、高校生からシニアまでの30名。

初回は緊張気味だった高校生も、

3回目までにはすっかり慣れ、

グループワークをリードするまでに。頼もしい~!

DSCN7355.jpg

DSCN7356.jpg

DSCN7357.jpg

DSCN7358.jpg

DSCN7374.jpg

3回目には、

センターが建てられ、活発に利用されている〇年後の

とある一日をイメージし、

どのような人が、センターのどんな施設で、

どのような利用をしているかのストーリーを意見出し。

最後には、市民参加で企画したい、

オープニングイベントのアイディアを出して終了。




センター完成の頃は、

参加した高校生も大学生や新社会人の頃。

地域の未来に楽しみがあるって、いいですね