稲村理紗のお仕事とその周辺ブログ。
2013年03月31日 (日) | Edit |
昨日今日と秋田駅前は、

大きな荷物を持ってなにやら別れを惜しんでいる姿の若者がたくさん。

これから新しい地に行くのかな?これから地元に戻るのかな?

そんな姿をたくさん見ていたら、

十数年前、私が進学先の新潟から地元に戻る前夜を思い出しました。





卒業式の日はもうアパートも引きはらっていたから、

夜はビジネスホテルに宿泊でした。

あっさりとした卒業式の後、学課のにぎやかな謝恩会を経て、

仲のいい友人たちでカラオケへ行って「すばらしい日々」を熱唱。

その後、県外組でビジネスホテル組の友人達と街をぶらぶら。

そしたらそのなかのひとりのK君が、

「今日はあんまり早くホテルに戻りたくないんだよね・・・」って。

なんで?って聞いたら、

卒業式に参加するお母さんの分もホテルを予約したはいいけど、

「ツイン」と「ダブル」を間違えてしまって、

お母さんとダブルベットに泊まることになってしまったとのこと!

そりゃあ、学生なんてビジネスホテル泊まらないから間違っちゃうよね。

私も間違ってしまうかもしれない。うんうん!

なんて言いながら、申し訳ないけど大爆笑してしまいました。




「この歳で母さんと一緒に寝るなんて…」とぶつくさ帰りがたいK君と、

仲間と一緒にしばらくホテル近くの万代橋から夜景を眺めて、

「にいがたーーー!」「イエーイ!!」とかみんなで橋の上で叫びました。

思いっきり笑って、思いっきり叫んで、

新潟とバイバイしてきたあの夜。

あの時の夜景を今でもしっかりと覚えています。

夜景はきれいでみんな笑顔で、

ああ、私もみんなも若かった。






さて明日から4月のスタートです。






スポンサーサイト