稲村理紗のお仕事とその周辺ブログ。
2016年07月07日 (木) | Edit |
先日、またまた秋田でした。

地域づくりに関心のある若者向けの連続講座、

あきた若者塾」でず

13407135_676368259169319_5968596330911640350_n.jpg

講座あり、ワークショップあり、インターンシップあり、

やりたいことプレゼン大会(賞金付き)など

盛りだくさんの内容!

開校式では、

地域活性化センターの椎川忍さんによる講演からスタート。

DSCN6767.jpg

DSCN6768.jpg

「30年後の秋田がどうなるかは若者の問題、
自分が感じたことは今日から実行しよう」

「社会とつながり社会貢献できる人が幸せな人」

「ライフワークは細々してても続けるもの。
人生は後半ほど大事」

「文明は変わっていく。変わってきたから生きてきた」

「社会の役に立つイノベーションを」

などなど、若者へ多くのエールをいただきました


私は後半の出会いのワークショップを担当。

事前に記入したワークシートをもとに、

ぐるぐる自己紹介を行いました

DSCN6774.jpg

DSCN6769.jpg

「私の趣味や好きなこと」

「地域のことで気になっていること」

「これからやってみたいこと(構想・夢・モウソウなどなど)」について、

時間を区切ってなるたけ多くの人とお話ししていただきました。

DSCN6772.jpg

DSCN6771.jpg

今回の若者塾は、30数名参加のうち8名が高校生

私が高校生の時は、部活もせず、

食べ物とダイエットのことしか考えてないような生徒だったので、

まぶしく頼もしい気持ちに


高校生・大学生や社会人が一緒になって、

どんなアクションプランが飛び出すか楽しみです






スポンサーサイト