稲村理紗のお仕事とその周辺ブログ。
2017年06月09日 (金) | Edit |
現在妊娠10か月。
今年秋頃のお仕事復帰まで、
妊娠、育児についてなど、
つらつらブログにつづってまいります。


【妊娠中期編②~内面の変化あれこれ~】


妊娠をすると、

女性ホルモンの分泌がそれまでの数十倍~百倍になるそうで、

そのことは内面にも様々な変化をもらたします。


①ぼーっとする


ホルモンの影響で、

妊婦は頭がぼんやりすることが多くなるらしく、

車の運転などは極力控えるように、などと言われてます。

確かに、頭がぼやっとして、

忘れものをしたり、運転中対向車にクラクションを鳴らされたり、

ということが多々ありました

201706091.jpg


とは言っても、

妊娠前から忘れ物は多いし、運転もへたくそだし、

非常にぼんやりしがちなタイプのため、

これが妊娠による影響かどうかは

いまいちわかりませんでした 笑




②他人の赤ちゃんに興味がわく



私は、特段子どもが好き、というわけではなく、

「好きでも嫌いでもなく、普通です」、

というタイプでしたが、

妊娠してからは、まちで見かける赤ちゃんに、

とても関心が向くようになりました。

「かわいいなあ~」

「何か月かな?」

「もちもちしているな~」などなど、

これまで以上に赤ちゃんに興味が沸いてくるのが自分でもわかり、

ああ、これが母性芽生えなのでしょうか。


201606092.jpg



③感動しやすくなる



家族ものや母子ものに、

やたら感動しやすく、涙もろくなったように感じます。

これも母性の芽生えでしょうか。


201706093.jpg



④情緒不安定に・・・なる?



妊娠すると、

ホルモンの変化や体の変化、

生活や仕事環境に変化がおこり、

気分の浮き沈みが激しくなる、と、

「たまひよ」その他あらゆる本に書いてます。

それは自然なことで、

そのことをパートナーや家族に理解してもらうことが大事だそうで、

私も旦那さんに切々と語っていたのですが、

妊娠による情緒不安定、というのは、

特にありませんでした。

(着床→妊娠が確定するまでの一般的な不安はありましたが)



201706094.jpg
(繊細さを過信?する人)



自分が思っていた以上に、

妊娠ライフの苦労は少なく、

周りの人からも、

「落ち着いてるね~」 「すごく健康妊婦だよね」と言われることもしばしば。

情緒不安になるよりも、

お腹に赤ちゃんがいるという嬉しさや頼もしさ、

一人でいても「一人じゃない」という安心感が大きいです。



201706095.jpg



情報では、つわりや情緒不安、

お腹の痛みや体へのダメージ等など、

ネガティブなものが目につきがちですが、

いざ妊娠してみると、そんなに大変なこともなく、

仕事も思った以上にすることができ、

体をいたわることで妊娠前よりも健康的な生活になりました。

赤ちゃんがお腹のなかにいる幸せや、

誕生を待つわくわくなど、楽しみのほうがずっと大きく、

妊娠ってすごく良いものだな~と実感しております。


(つづく)



スポンサーサイト