稲村理紗のお仕事とその周辺ブログ。
2017年05月25日 (木) | Edit |
現在妊娠9か月。
今年秋頃のお仕事復帰まで、
妊娠、育児についてなど、
つらつらブログにつづってまいります。


【 妊娠初期編①~ノンアルコールに乾杯~ 】


クリニックに通って2か月半。

結婚して1年経った頃、

妊娠が分かった私でしたが・・・

妊娠が分かってから安定期に入るまでは、

手放しで「嬉しい~!!」という気持ちにはなれませんでした




まずは、初期流産の心配。

意外と身近でも多く、

ましてや私は年齢的にも、体質的にも、

そのおそれは高く、

検診のたびに、エコーで心音や姿が確認できるかハラハラ。




それから、お仕事の不安。

個人でお仕事を引き受けて、という働き方で、

かつ、遠方や泊りの出張も多いので、

いつまで、どれぐらい働くことができるのか、

全くの手さぐりでありました。



妊娠初期の心のグラフはこんな感じ。

20170524.jpg


100%HAPPY HAPPYではないんだなあと、

いざ妊娠してみて初めて実感したのでした。

このことは旦那さんにとっても、

あたらな気づきだったようです。




親に妊娠を報告したのは、

母子手帳も発行され、

安定期に入った3か月目。

友人たちには4か月目から、会ったタイミングで。

お仕事関係の方には、

5か月目から、必要に応じて徐々にご報告。

もちろん、その間にも、

友人との飲み会やお仕事での懇親会などはあり、

妊娠のことは伏せつつ

ノンアルコールで参加していたのですが、

以前の私のイメージ=ものすごい飲む人

だったために、

「えっ!?なんで飲まないの??!」

やたら訊かれる場面が多く・・・



201505241.jpg



「今日、車で来ているから」

「明日早起きで運転だから」

「明日講師の仕事があるからむくみ防止で」

などなど、くるしい回答をするも、

それまでの私が、んなことお構いなしで、

日付超えてもがばがば飲みほうけていたため、

毎度、不信感むんむんの雰囲気になってしまうのでした。




ちなみに、妊娠が分かってから晩酌はピタッとやめましたが(当たり前)、

その時から大活躍なのがノンアルコール飲料。

中でも特に、

アサヒドライゼロと、

ゼロカク・ジントニックテイストが良い仕事をしてくれてます。

お酒好きな私も、

ノンアル飲料の進化によってほぼストレスなし。

旦那さんが晩酌をしたり飲み会に出かけても、

不満に感じることもありませんでした。




嗜好品といえば、

妊娠中、旦那さんがお酒・たばこをやめないということで

もめている事例を見聞きしますが、

我が家の場合は、たばこはアパートで吸わないでね、という以外は、

特にノータッチ。

あまりに禁欲しても旦那さんもストレスたまるだろうし、

私自身お酒が好きなのでその愉しみも知っているし、

やめる時は自分の判断で、

というのが長続きの秘訣かなと思ったので、自然にまかせてました。




結局、旦那さんがたばこをやめたのは妊娠7か月頃(禁煙でなくアイコスへの切り替え)、

晩酌をいったんやめたのは8か月の終わり(出産が近づいてきたから)。

だいぶ遅えよ!という突っ込みが聞こえてきそうですが、

そのあたり気にせず過ごせたのも、

私にノンアル飲料という強い味方がいてくれたからでしょう。

ほんと、ノンアルに乾杯!です。


(つづく)



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する