稲村理紗のお仕事とその周辺ブログ。
2017年08月04日 (金) | Edit |
出産ほやほや!
秋のお仕事復帰までしばし、
出産・育児についてブログにつづってまいります。



【 出産編②~ほんとに生まれた!~ 】


「分娩室にうつりましょう!」と助産師さん。

いよいよその時がきました。

陣痛と陣痛の合間を見計らい、

向かいの部屋へ、ヨタヨタと移動。

ほんの少しの移動距離ですが、しんどいしんどい。


201708041.jpg



分娩台のビジュアルがマシン的で緊張感が増すものの、

いよいよここまで来た!あと少し!

「いきんでみましょう」とのことで、

わけもわからず自己流で

ふ~~~ん!とお腹に力を入れていきむと、

「いきむときは目を開けて!」と。

力を入れると目をぎゅっとつぶるのが

自然の摂理というものでしょうが、

あんた、、目を開けるとね??!

201708032.jpg


しかも、一回いきんで上体をおこしたら、

さらにかぶせるようにもう一回いきむのが1セットだそう。

もう、言われるままに無我夢中です。

旦那さんも枕もとのほうに居て、

必死に励ましてくれてます。

いきみながら、

ほんとにこんなことで、

赤ちゃんが出てくるものなのかな・・・と

頭の遠くで思ったり。


201708033.jpg


半信半疑ながら4回目のいきみをしているとき、

助産師さんとは違う人が足元にすっとあらわれ、

「ぢょきん」と音が!!!

これがうわさに聞いていた会陰切開とやらですが、

切りますとも何とも言われず、

いきみの最中どさくさにまぎれて切られた驚きと、

自分の体の内側に響く、

金属で皮膚を切られた音が恐怖でした。

切られた痛さよりも、

切られた「音」のほうがずっと怖かった・・・。


201708034.jpg


もう、切られたからには早いとこ出してしまいたい!

ぐんといきむと、

おや?

なんか、何かが下に下がっているという、

これまでにない感触。



んんん~~~っと、もうひといきみ。

ずずっと何かが下がり、(赤ちゃんだろうけど)

「はさまってます!」という感じがすごい!



さらにぐぐぐっといきむと、

「髪がみえましたよ~!」と。

ああ、ゴールは近い!



もいっちょいきむと、

股のほうから「ホエ」と小さな声!

!!!



さいご、なかばやけくそにいきんだら、

ずるるるる~~~ん!!!という感触と共に、

股の向こうには赤ちゃんが!


201308035.jpg


イメージは

「でっかいハムがずるんと出た」感じ。

よく、陣痛の痛さを

「清原のフルスイングを腰に受けているぐらい」とか、

出産の痛さを「鼻からスイカ」とか、

サッパリ参考にならない例えがされますが、

陣痛は「生理痛をすごく痛くして、それがすご~く長い」という、

想像できる範囲の痛みでしたし、

出産の時は「ハム」と、

鼻スイカほど極端なものではありませんでした。

ほんとうに、「案ずるより産むが易し」。

・・・まあ、痛かったけどね!


201708035.jpg


生まれて赤ちゃんの姿を見た瞬間、

「ほんとに生まれた~~!」と思いました。

私の腹の中から人が出てきたよ!

あの痛いのは、

ほんとに赤ちゃんが産道を進んでいたからなんだなあ~~と。

そして気になるお顔。

わたし似?旦那さん似?

・・・あれ? なんかどっち似でもないけど

どこかで見たことあるような・・・

・・・あっあーーー!大阪の通天閣にいた

ビリケンさん??!

・・・んーーーーって、ちょとまって。

足。赤ちゃんの足、片方変な方向に曲がってない?

あれあれ? 大丈夫??

ほんの数秒の間に、

色んな想いが頭の中を駆け巡りました。


201708036.jpg

201708037.jpg


後ろのほうにぐにゃっと曲がっていてびっくりした赤ちゃんの足ですが、

後の検査結果で、問題なしとのことでホッ。

お腹の中にいるときの向きで、

クセがついていただけとのことでした。(そんなことあるんだ)

けれど、

生まれた直後は気になって気になってしょうがなく、

誕生直後、旦那さんが撮っていたビデオも、

私が足の事をぶつくさぶつくさ話しているもので、

あまり感動的なふうになりませんでした・・・


201708038.jpg

(すごいしゃべる・・・)


生まれた直後の赤ちゃんを、

胸のうえにのせるカンガルーケア

それまで泣いていた赤ちゃんが、

胸にぴとっとくっついたとたんに泣き止んで静かになり、

その温かく湿った肌と柔らかさにジーン。

胸の上の赤ちゃんに話しかける自分の声が

枯れていることに気が付き、

夢中でいきんだんだなあ・・・とぼんやりした頭で思いました。


201708039.jpg


実際に出産を経験してみて、

こんな風にして人が生まれてくるんだと、

とても感慨深い気持ちになりました。

私も旦那さんも、

私の親も、旦那さんの親も、

みんなみんな、

こうして生まれてきたんだなあ・・・。

命の壮大さを感じ、

退院後、

そのへんを歩いている知らないおじいさんを見ても

胸が熱くなるということがしばらく続いたのでした。


2017080310.jpg


(つづく)


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ほえ〜
安産とはお聞きしましたが、
いやはや長時間の苦闘、お疲れさまでした。
出産はやはり人生の大仕事ですね。
「ぢょきん」にはビビった!

いざという時に、
女性が男性より頼もしく感じるのは、
こういう修羅場を経験してるからかもしれません。
子を守る強い母としてこれからもがんばってください!
2017/08/05(土) 06:06:13 | URL | おばら #-[ 編集]
ありがとうございます
おばらさん、
コメントいただきありがとうございます😊
安産でしたが、
やはり人並みの産みの苦しみがありました💦
産んだ直後は、
しばらくは出産は勘弁!という気持ちでしたが、
1ヶ月経っただけで、
記憶も少しずつ薄れつつあるから不思議なものです。

分娩の後半はまさに「やけくそ」!
女性がしたたかに逞しくなるのも分かりますね 笑
2017/08/06(日) 13:34:21 | URL | りさ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する